カテゴリー「試聴レビュー」の記事一覧

SONY SCD-1を聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からSONYのSACDプレーヤー「SCD-1」を聴いてみました。



1999年頃発売開始
メーカー:SONY(日本)
メーカー希望価格:525,000円(税込)
記念すべきSONYのSACDプレーヤー第1号機です。
重さが27kgあり非常に剛性の高い重量級のプレーヤーです。
重くて設置が大変でした(汗

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはKEF「iQ90」の組み合わせです。

【試聴楽曲】

今日の1曲目はAice5の「Belive My Love」を。
Aice5も2007年9月20日横浜アリーナの解散コンサートから早3年ですか…
ほっちゃん(堀江由衣さん)・かんち(神田朱未さん)・ますみん(浅野真澄さん)・チアキング(たかはし智秋さん)・まどかちゃん(木村まどか)の5人のあの熱い2年間をいつまでも忘れる事が出来ません。
まあ9月20日を数日過ぎてしまいましたが解散3周年を記念して。

もう1曲はSACDとしてSuaraさんのアルバム「アマネウタ」から「天音唄」を。



Aice5 「Belive My Love」 
Suaraさん 「天音唄」 


1曲目は 「Belive My Love」を再生。

出だしのアコースティックギターの音はやや金属的な響きが強いです。
解像度は充分に高く、5人のヴォーカルも聞き分けがしやすいです。
ただ、チョットばかり声がドライですかね?
音の情報量が高く、声が痩せるよう事はありませんが、女性の声としては若干の柔らかさも欲しくなります。
音の輪郭は全体的に切れ味が高く、低音域も表情豊かに描き分けが出来ています。


2曲目の 「天音唄」にチェンジ。

出だしのヴァイオリンとピアノの音の響きが誇張感なく自然に聴こえます。
Suaraさんのヴォーカルは朗々と響きわたり、声の幅の広さや震え具合がよく分かります。
芯のあるしっかりとしたヴォーカルが楽しめます。定位も非常に優秀です。
音自体に重みというか厚みというか感じられますね。

間奏でのヴァイオリンは少々タイトではありますが、美しい旋律の響きが楽しめます。
ヴァイオリンとチェロの違いも良くわかりますね。

空間表現も優れており、録音スタジオの天井の高さが見て取れるようです。


【まとめ】

個人的に好きなCDプレーヤーの一つです。
高音域の音の解像度などはさすがに時代を感じさせますが、音楽の表現力・聴かせ方といった点ではまだまだ一線で頑張れるプレーヤーだと感じます。

CDを入れるリッド(蓋)部分の動きが非常に滑らかで高級感が漂う仕上げになってます。
この辺は動画でお見せしたい動きですね~~



SONYからのSACDの初号機として誕生した本機ですが、CDの再生能力も非常に優れています。
初のSACDプレーヤーとしては完成度が非常に高かったですね。

タイトでフラットな音はやはりSONYのプレーヤーだなと思わせる物があります。

低音   ----○---- 高音
奥行   -----○--- 広がり
繊細   -----○--- 迫力
ウォーム------○-- クール
ルーズ ------○-- タイト
明るい -----○--- 暗い


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[3回]


Triode TRV-A300を聴いてみた 

セカンドハンズ新宿店の今井です。
久しぶりに試聴記を載せる時間が取れました。
店内にあった中古品からTriodeの管球式プリメインアンプ「TRV-A300」を聴いてみました。
(※9/7現在既に販売済みとなっております)

 

2003年頃発売開始
メーカー:Triode(日本)
メーカー希望価格:157,500円(税込)

CDプレーヤーはAccuphase「DP-510」、スピーカーはKEF「iQ90」の組み合わせです。

【試聴楽曲】

本日は8月25日に発売されました榊原ゆいさんの6thアルバム「BLOODY TUNE」を購入いたしましたのでその中から2曲w
聴いたのはアップテンポな「STAR LEGEND」とスローテンポな「リフレイン」です。



え~ナニやら写真には2枚写っておりますが左が通常盤で右がDVD付きの初回限定盤ですwww
CDはまったく同じ内容なんですけどね(苦笑

ちなみに10/10に行われる「Happy☆LOVE×ライブ2010」のチケットは取得済みですwww

榊原ゆいさん 「STAR LEGEND」(PCゲーム:77~And.two stars meet again~ OPより)
       「リフレイン」(PCゲーム:夏空カナタ EDより)

1曲目は「STAR LEGEND」を再生。

ヴォーカルが非常に暖かみのある肉厚な印象です。
輪郭も穏やかで聴きやすいです。
実際の榊原さんの声に比べるとチョット太いでしょうか?
中音域は厚みもあり充実した鳴り方です。
低音域は厚みはありますが、このような打ち込み系のテンポの早い曲ではもう少し切れが欲しくなります。
高音域は好みの範囲かもしれませんがもう少し分解能が欲しいところか?

2曲目の「リフレイン」にチェンジ。

このCDに入っている曲の中ではヴォーカルがラジオやライブなどで聴いている榊原ゆいさんの声に一番近い気がします。
やはり厚みがあるヴォーカルが楽しめます。
穏やかで明るく伸びやかな印象です。
音の輪郭が柔らかいので間奏で入るエレキギターの音が一瞬アコースティックギターか?と思ってしまうぐらいです。

【まとめ】

一言でまとめてしまうと「まろやか~」でしょうか。
とにかく刺激的な音がなく、いわゆる『真空管らしい』音が楽しめます。
もっともこのアンプに使われている300Bではなく同社の他の真空管(KT88)を使用したアンプなどはもっと切れ味の良さがありますが。

真空管アンプ=暖かみのある音という印象をお持ちの方の予想を裏切らないアンプかと存じます。
 
低音   ----○---- 高音
奥行   ---○----- 広がり
繊細   -----○--- 迫力
ウォーム-○------- クール
ルーズ --○------ タイト
明るい --○------ 暗い

店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[0回]


ARCAM FMJCD36Tを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からARCAMのCDプレーヤー「FMJ CD36T」を聴いてみました。



2006年頃発売開始
メーカー:ARCAM(イギリス)
メーカー希望価格:346,500円(税込)
メーカー商品詳細ページはこちら

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはKEF「iQ90」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は高垣彩陽さんの「君がいる場所」を。
2010夏アニメ『世紀末オカルト学院』のEDです。
今期一番のお気に入り曲ですw
アニメの方もあやしさ爆発で面白いですわww
キャラクターではマヤと美風が良いですよね~~
アニメの方もストパン2を別にすれば今期一番のお気に入りですwww




もう1曲は『THE IDOLM@STER』の星井美希役などで知られる長谷川明子 さんの2ndシングル「Sunrise!」を。



高垣彩陽さん 「君がいる場所」 (アニメ:世紀末オカルト学院 EDより)
長谷川明子さん 「Sunrise!」 (ゲーム:白銀のカルと蒼空の女王 ED より) 


1曲目は 「君がいる場所」を再生。

ヴォーカルは穏やかさを感じさせつつも充分な解像度の高さも聴かせます。
高垣さんの伸びやかな声が楽しめます。
同社の下位機種『CD73T』などと比べると低音域方向へのレンジが広く、尚且つ厚みのある低音が聴けます。
厚みがありつつもちゃんと音の切れの良さも感じられます。
録音はチョット真ん中に音が寄り勝ちですね。


2曲目の 「Sunrise!」にチェンジ。

ん、出だしの音からしてこっちの方が『君が~』よりも録音が良いか?
こっちの方が空間への音の拡がりが良いです。
最近は5pbレーベルの物でも録音の良い物がポツポツと出てきましたね。

長谷川さんのヴォーカルもとても素直に前に出てきます。
口もそれほど大きくなくバランスが取れていますね。
バックのオケは音が重なる所はチョット厳しい面もありますが、それぞれ単体での音の出方は悪くない感じです。
間奏で聴こえてくるヴァイオリンの音なども窮屈な印象がありません。

【まとめ】

音に厚みがありつつも輪郭がベッタリと潰れる事無く、躍動感のある音を聴かせてくれます。
バランスが非常に優れており、極めて中庸な音が楽しめます。
一日中音楽を流しっぱなしにしながら聴くには非常に良いCDプレーヤーではないでしょうか。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[1回]


聴いてみた 番外編 ACOUSTIC REVIVE RGC-24

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日はACOUSTIC REVIVEの仮想アース装置『RGC-24』が中古で入ってきたので試してみました。

 

物としては円盤状の物体(直径8.8cm)とそれに付随する長さ50cmのケーブル。
あとはRCA端子用アダプターが付いています。
中古なんでチョット傷がありますが…
ケーブルは単線なので少し硬めです。

原理や構造などはメーカーさんのHPを参照していただくとして、実際に効果があるのかどうか使ってみました。

使用した機器はセカンドハンズ新宿店の店頭で普段使用しているAccuphaseのプリメインアンプ『E-560』、CDプレーヤーは同じくAccuphaseの『DP-510』、スピーカーはJBL『4312E』です。



このセットでプリメインアンプの『E-560』に対して『RGC-24』を使ってみました。

『E-560』にはアース端子が無いので付属のRCA端子用アダプターを装着して、アンプのLINE入力端子に接続しました。



円形の本体部分をアンプの電源トランスがある部分の真下辺りに設置します。



今日の視聴用ソースはもうアニソンの試聴ではスタンダードというかデフォルトと言っていいのかもしれない「Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS」から「夢想歌」を。



まずは無しの状態で1曲通して聴いてみました。

で、設置してみて聴いてみた訳ですが…
出だしからまったく違います!!
チョット変わったかな?とかそんなレベルではなくてハッキリと変化します。

Suaraさんのヴォーカルが柔らかい表現になるのに、却って音としてはハッキリとした印象となります。
声の高低差とか弱い部分と強い部分の差がより分かるようになります。

ピアノは低音部のもっさりとした感じが無くなり、輪郭がしっかりとします。
高音域は一音一音の粒立ちが良くなり、見通しの良い方向に変化します。

アコースティックギターは弦から響いている音なのか、ギターの胴から響いている音なのかの違いまで分かるようになります。

全体としては音の響きが綺麗になり、ヴェールを2枚も3枚も剥いだような変化を感じます。
音がシャープになったというよりは、音痩せは感じないので音の濁りやくすみが無くなって本来の音が出るようになった…といったところでしょうか。
前後の奥行き感も良くなり、横や上への空間も一回り大きくなったような印象です。
機器のグレードが1ランクも2ランクも上がったようです。
この手のグッズに有りがちな副作用もほとんど感じられません。

どんなオーディオ機器でもアースを取って機器同士のシャーシの電位を揃えた方が音が良くなるとはよく言われていることですが、マンションなどの集合住宅ではおいそれと簡単にアース工事など出来ない場合があるかと存じます。
そんな時に使うアイテムとしては最適ではないでしょうか。

これはおススメの一品ですね。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
オーディオ製品の通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[2回]


marantz CD-72aを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からmarantzのCDプレーヤー「CD-72a」を聴いてみました。



1993年頃発売開始
メーカー:marantz(日本)
メーカー希望価格:78,750円(税込)

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはKEF「IQ90」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は水樹奈々さんの「SOUND OF DESTINY」を。
もう1曲はSuaraさんの「夢想花」を。



水樹奈々さん 「SOUND OF DESTINY」 (アニメ:WHITE ALBUM より)
Suaraさん 「夢想花」 (アニメ:うたわれるもの OP より) 


1曲目は 「SOUND OF DESTINY」を再生。

音源はややシャープ過ぎる嫌いはありますが水樹奈々さんのCDとしてはまずまずの良録音盤です。
肝心のCDプレーヤーからの音ですが、伸びやかで聴きやすい印象です。
高音域の上の方の抜け具合はさすがに時代を感じさせますが、中音域の充実感と躍動感のある音色は魅力があります。

2曲目の 「夢想花」にチェンジ。

こちらも事前の予想ほど音が団子状にならずに歯切れよく聴こえます。
ヴォーカルはやや抑え気味でしょうか?
間奏の部分は充分にスケールの大きさも感じさせます。

【まとめ】

さて、今回は発売当時の黄金の組み合わせとも思えるPHILIPSの「CDM4メカ」とDACチップ「DAC7」で今聴くとどのぐらいの音が再生出来るのかという所に注目して試聴させていただきました。

結果から先に言ってしまうとこれはこれで現在でも聴くに値するCDプレーヤーだなと。
勿論、最近のCDプレーヤーと比較するとレンジの広さや分解能などでは劣るのですが、聴かせ方が上手いというか音楽性の高いCDプレーヤーですね。
最近のこの価格帯のCDプレーヤーだとこれだけ聴かせる物は少ない気がします。

レンジはそれほど広くなく中音域にエネルギー感のあるバランスです。
そういえば当時のmarantzはアンプもCDプレーヤーもこんな感じのバランスの音だったよなぁとふと思い返してみたりとか。
横への広がりはそこそこ、奥行き感はそれほどありませんが一音一音に躍動感があるのでそれほど気にはなりません。
ややウォームな音色でほんの少しルーズめで明るい音です。
細かい音を聴き込むといった試聴スタイルには向きませんが、長時間穏やかに聴きたい向きには合っているかと思います。
アニソンにも向いてますよw


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[6回]


SHANLING CD-T100を聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からSHANLINGのCDプレーヤー「CD-T100」を聴いてみました。
非常に特徴的なデザインですので一度見たら忘れないですね。

  

2002年頃?発売開始
メーカー:SHANLING(中国)
メーカー希望価格:312,900円(税込)

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはKEF「IQ90」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は栗林みな実さんの「mind touch」を。
6/26のLive2010”mind touch”に…行けなかったので!!
せっかく休みを入れておいたのにチケット取れませんでしたよ(血涙

単体のライブだと1年半前のライブツアーでもチケットが取れませんでしたのでもう2年半ぐらい行けてない状態ですね…
昨年のアニメロサマーライブには行ったのでお姿だけは見ていますが。

もう1曲も栗林みな実さんの代表曲の1つである「マブラヴ」で。



栗林みな実さん 「mind touch」 (アルバム:mind touch より)
栗林みな実さん 「マブラヴ」 (PCゲーム:マブラヴ より) 


1曲目は 「mind touch」を再生。

ボーカルは明るさがあり、声の張り具合も良く聴き取れます。
低音は躍動感があり、聴いていて楽しくなってきます。
中音域から高音域にかけてもギュッと締まったエネルギー感のある音です。

2曲目の 「マブラヴ」にチェンジ。

こちらも声の通りが非常に良い印象です。
低音も膨らみすぎず、適度な制動力を感じます。
意外とモコモコした音にならないですね~
この曲はどちらかというとドンシャリな傾向の録音ですが、中音域に躍動感があるお陰か、それほど気にならずに楽しく聴けました。


【まとめ】

出力端子がダイレクトOUTと真空管を通して聴くTUBE OUTの2つあります。



前者はよりシャープで切れの良いストレートな音が楽しめ、後者では厚みのややゆったりとした音が楽しめます。
1粒で2度美味しい~みたいなお得感があります(笑

どちらの端子で聴いてもそれほどワイドレンジであったり、高解像度志向な感じはありません。
どちらかというと中音域が充実して聴かせる…といった音作りのようです。

前後の奥行き感や横の広がりはそれほどありませんが、この躍動感ある音色は中々捨てがたい物があります。

ここまで書くとえらいナローなCDプレーヤーなのかなと思われるかもしれませんが、高音域は粒立ちもあり、ギターの切れ味も決して悪くありません。

今日は他の曲も色々と聴いてみたのですが、どの曲も楽しく聴けました。
アニソンとの相性も良いお奨めの一品です。

店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[1回]


LINN IKEMIを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からLINNのCDプレーヤー「IKEMI」を聴いてみました。



1999年発売開始
メーカー:LINN(イギリス)
メーカー希望価格:630,000円(税込)

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはKEF「IQ90」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は茅原実里さんの「Love Medicine」を。

5/30の武道館ライブで一番印象に残った曲でしたので。
いやいや、とても良いライブでしたw

2曲目は串田アキラさんの「太陽戦隊サンバルカン」を
こちらも6/6の「アニソンRush」で印象に残った曲だったので。



茅原実里さん 「Love Medicine」 (アルバム:Sing All Love より)
串田アキラさん 「太陽戦隊サンバルカン」 (特撮:太陽戦隊サンバルカン OP より) 


1曲目は 「Love Medicine」を再生。

出だしの高音部がチョット耳につきますがこれは元の録音のせいかと。
事前に予想していたよりも意外とこういった打ち込み系の曲とも合いますね。
ヴォーカルはスピーカーの真ん中辺りに存在して、それほど奥行きがありません。
また、そこから前への押し出しもそれほどはありません。
エネルギー感は感じられるのですが。
中低域はやや輪郭が柔らかめな印象です。


2曲目の 「太陽戦隊サンバルカン」にチェンジ。

こちらは1曲目以上に相性が良い!!
意外な驚きです。
今までの私のLINNの印象は「大人しい」だったので。
この曲の持つ熱さが伝わってきます。
ヴォーカルは適度な厚みと力強さを感じさせます。
高音域も穏やかな太さを内包しつつも歯切れよく響きます。
ただ、私的な意見としては中音域から高音域にかけてもう少し開放的に鳴ってくれた方が気持ちが良いかなと。
スピーカーとスピーカーの間では広がりを感じるのですが、その外側への音の広がりがもう一つ。

【まとめ】

何というか箱庭的な美しさとでも言ったところでしょうか。
音場は狭いのですが、その中で充実した音を聴かせる…といった。
イギリスのオーディオ機器はこういった鳴り方をする物が比較的多いように感じます。

バランスは中庸。
前後の奥行き方向の表現はそれほど出ている印象がありません。
ウォームでやや明るめな音色ですので長時間聴くには疲れなそうです。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[1回]


Joseph Audio RM7 si Signature Mk.Ⅱを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からJoseph Audioのスピーカー「RM7 si Signature Mk.Ⅱ」を聴いてみました。



2004年発売開始
メーカー:Joseph Audio(アメリカ)
メーカー希望価格:399,000円(税込)
インピーダンス:8Ω
能率:86dB

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、CDプレーヤーはAccuphase「DP-500」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は発売されたばかりのLiaさんの「My Soul,Your Beats!」を。

1曲目にピアノが印象的な曲を持ってきたので2曲目にはそのものズバリなFictionJunction YUUKAの「ピアノ」を。
安直な曲選びですね(苦笑



Liaさん 「My Soul,Your Beats!」 (アニメ:AngelBeats! より)
FictionJunction YUUKA 「ピアノ」 (アルバム:cirus より) 


1曲目は 「My Soul,Your Beats!」を再生。

出だしのピアノが非常にタイトに鳴り響きます。甘さの一切ない容赦のない鳴り方です。
ヴォーカルはやはりタイトに奥目に位置しますが、そこから前へ前へと出てくる力強さがあります。
ヴォーカルも硬さがあり、ガツンとストレートに実在感がよくでます。
高音域にふらついた感じが無く、一音一音の定位が非常に良いです。
この曲だとサビのあたりで多くの楽器が重なっていますが、その部分がそれほど団子状にならずに聴こえます。


2曲目の 「ピアノ」にチェンジ。

こちらのピアノも音に曖昧さがなく、キリキリと出てきます。
ピアノ線の張り詰めた緊張感がこちらにも伝わるような印象があります。
ヴォーカルも引き締まって聴こえます。
ヴォーカルに余分な響きが入らないので、いかにもスタジオのマイクの前で歌っているかというのが手にとって見えるようなリアル感があります。
途中から入るチェロの響きもやはりタイトにハッキリと鳴り響きます。


【まとめ】

何というか聴き手に緊張感を強いるスピーカーですね。
とってもツンデレなスピーカーでツン9.9のデレ0.1ぐらいの割り合いなんじゃないのか?と思ってしまいますが。
浮気なんかしたら明らかに刺されそうなタイプですね(笑

以前にも少し聴いた事があったのですが、録音の良いソースはそのままに、悪いソースは粗がとてもよく出ます。

音はやや高音よりですが、それほど線が細い訳ではないので腰高な印象はありません。
モロに音像型で、奥行き方向が深いですね。
繊細さと迫力の両方を兼ね備えています。
ルーズとかウォームな感じはほとんどありません。

それと鳴らしてみての印象ですが、カタログスペック以上に能率が低いのではないでしょうか?
E-560のボリューム位置が常よりもかな~り高い位置まで上がってもそれほど音が出ているという印象がありません。
かなり負荷の掛けられるアンプでないと鳴らすのが難しそうです。

ハマれば面白いスピーカーだと感じますが、人はかなり選びそうですね。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[0回]


聴いてみた 番外編 TAO / FAR EAST

セカンドハンズ新宿店の今井です。
今回はチョット趣向を変えてCDのご紹介です。

PCで当ブログをご覧になっている方は数日前から右側の柱のCD通販に見慣れないジャケットが追加されているのに気付いていたかと存じます。

↓このジャケットですが



なんとこれは1983年に放映されたサンライズ制作のロボットアニメ「銀河漂流バイファム」のOP「HELLO, VIFAM」を歌っていたグループ「TAO」の1stアルバム「FAR EAST」なんです!!

もちろん、発売当時はレコードだった訳ですが、23年の時を経てCDで復刻されました!!
ジャケットは当時のレコードのままです!!

いや、当時のままなんで発売されていたのに気付いたんですけどね(笑
これレコードが出た当時に高校の先輩(♀)に借りて聴いたきりでした。
当時聴いた時もカッコいいよな~と思っていたのですが、少ない小遣いでは買う事が出来なかったのでした。

それが23年経ってからまた再び巡り合う事が出来ようとは!!
速攻で買っちゃいましたよwww

レコードジャケットからの復刻なので裏面なんかは曲名がSide OneとSide Twoに分かれて書かれています(A面・B面ですね)
う~ん、時代を感じますね~w



紙ジャケット仕様なので余計にレコードを彷彿とさせます。



中に封入されている解説が良くてこれまた涙モノですよ。

SHM-CD(Super High Material CD)での発売とあって音質もまずまずです。
というか当時のワーナーレーベルは年代を考えると録音が良いですよね~
ウチで販売している「機甲界ガリアン 音楽集」などを聴いてもそう思いますが(すいません、宣伝で...笑)

元々アメリカで活動していたので事で全て英語の歌詞(※)で曲が収録されています。
※今回のボーナストラックとして収録されている「NEVER GIVE UP」は日本語です。

和製ロックの歴史を知る...といった意味でも面白いCDではないでしょうか?

ボーナストラックには銀河漂流バイファムのOP「HELLO, VIFAM(single ver)」とED「NEVER GIVE UP」が収録されています。
価格も2,625円(税込)とお買い得なのでアラフォーのロボットアニメファンの方はまずは1枚買って損がないかと存じますw


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[3回]


聴いてみた 番外編 Accuphase DP-510

セカンドハンズ新宿店の今井です。
今回は6月中旬に販売開始予定のAccuphaseの新型CDプレーヤーDP-510を一足早く聴く機会がありましたので簡単にレポートさせていただきます。



2010年6月中旬発売開始予定
メーカー:Accuphase(日本)
メーカー希望価格:451,500円(税込)

外観は一見すると前作のDP-500と変わりが無いように見えますが、「CD/PROC」の切り替えボタンがトレイの左側に移動し、上級機のDP-700と同じようなボタン配置に変更されています。

実際、今までのDP-500ですと通常は再生ボタンがありそうな位置にそのボタンありましたので、ウチの店頭でも再生ボタンを押し間違えるお客様が多発しておりました(笑

側面に目をやると留めネジが無くなっています。
留めネジが無くなったため、強度を増す為に側板の厚みがDP-500よりも増しているそうです。
この為か、DP-500よりも本体重量が1kg以上重みを増しています。

内部については丸っきり別物になっているそうで。

で、肝心の音なのですがDP-500との比較試聴となりました。


写真上がDP-500で下がDP-510です。

試聴ソースは最近のお気に入りでヘビロテで聴いているガルデモ(Girls Dead Monster)の曲から「Alchemy」を。



まずはDP-500から。
う~ん、この価格帯のCDプレーヤーですので当然音が悪い訳はないのですが、何かもう一つ物足りないような…?

で、DP-510に切り替えて聴いてみるとDP-500で物足りなかった部分が一挙に解決!
この曲だと最初左側のスピーカーからのみギターの音が出る訳ですが、その弦の響きにキレがあり、一音一音のほぐれ具合がとても良いです。

で、ヴォーカルなのですが、奥行き感がまったく違います。

DP-500だとやや平面的に聴こえたこの曲がDP-510だと立体的に聴こえます。
ギターが前面に位置し、ヴォーカルは後方に定位します。
その前後の奥行き感がDP-510の方が圧倒的に高いのです。

おそらく数値に出てくる音のレンジの広さではDP-500もDP-510も変わりが無いと思われますが、聴感上は高音域の解像度が高く前後の位置関係が分かりやすいDP-510の方がワイドレンジになったように聴こえます。

これだけ前作との差が大きいとDP-500からDP-510への乗り換えも十二分に価値があるかと存じます。

本日試聴したのは最終試作機だったので、生産品ではもっと音にまとまりがあり、完成度は高くなっているでしょうとの事でした。

おトクな新製品発売記念!DP-510下取交換キャンペーンのお知らせはコチラから!!

新製品 C-3800 , DP-510 発売記念!下取交換キャンペーン! 7/31までの期間限定!!

店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[4回]


TANNOY Stirling-SEを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からTANNOYのスピーカー「Stirling-SE」を聴いてみました。



2006年発売開始
メーカー:TANNOY(イギリス)
メーカー希望価格:630,000円(1ペア・税込)


プリメインアンプはAccuphase「E-560」、CDプレーヤーはAccuphase「DP-500」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

4/29に赤坂BLITZで行われた榊原ゆいさんの「Album☆LOVE×ライブ 2010」に行って来ました~
ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!



相変わらずパワフル(?)なゆいにゃんのステージパフォーマンスにこちらもエナジーをガンガンもらった気分ですw
so ガ━━━━━━ ○(`Д´)。━━━━━━ ッシュ!!
ライブが終わる頃にはステージにむかって「アリガトー!!」と絶叫しまくっていたような(苦笑

てな訳で本日の試聴曲はゆいにゃん尽くしでお送りいたしますw

今回のライブで聴けて何と言っても嬉しかったのは「夜がくるたび」
う~ん、これが再び聴ける日がくるとはwww
イントロが流れ始めた瞬間にチョットだけウルッときてしましました。
「夜が~」ときたらやはりもう1曲は相方(?)の「Doki Dokiが止まらない」を。
どっちも神曲だわ~~w



榊原ゆいさん 「Doki Dokiが止まらない」(PCゲーム:『みらろま』OP より)
榊原ゆいさん 「夜がくるたび」(PCゲーム:『みらろま』ED より) 


1曲目は 「Doki Dokiが止まらない」を再生。

何と言うか丸っこい低音ですね~
高音域も上に抜けていて解像度もそこそこ高い割りには妙に甘め。
全体的にソフトな印象です。
この曲だともう少し低音に切れが無いと楽しめないかと。
落ち着きはあって非常に良いのですが。

2曲目の 「夜がくるたび」にチェンジ。

こちらの方が「Doki~」に比べるとまだ相性が良く聞こえます。
とはいえ、やはりこういった打ち込み系の曲はやや苦手なようです。
ただヴォーカルは非常に艶っぽく、暖かみがあります。
4分33秒辺りからのヴォーカルの空間への響き方は特筆すべきものがあります。

【まとめ】

※今回の試聴はサランネットをしたまま聴いています。

以前の「Stirling」シリーズに比べると格段に解像度が上がっていますが、やはり切れ味を求められる音楽にはやや不向きかと。
とはいえ、女性ヴォーカルの艶っぽい表現力にはとても魅力があります。
榊原ゆいさんの曲でも「Again」とか「片翼のイカロス」などは上手く再生できるのではないでしょうか?

試しに「Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS」の中からも1曲聴いてみましたが、こちらは相性バッチリでした。
弦の響きに潤いがあり、瑞々しい音色が楽しめます。
豊潤とはまさにこのスピーカーのためにある言葉でしょうか。

重心はやや低音より、空間への広がりはよく表現されます(広がりというか響きですが)
迫力よりは繊細さが強く、とてもウォームでややルーズな音色です。

箱(キャビネット)を鳴らしてナンボのスピーカーなので、使いこなしでは如何に上手くその点を処理するかだと思います。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[0回]


GOLDMUND MIMESIS SR Pを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からGOLDMUNDのプリメインアンプ「MIMESIS SR P」を聴いてみました。



1995年発売開始
メーカー:GOLDMUND(スイス)
メーカー希望価格:556,500円(税込)

CDプレーヤーはAccuphase「DP-500」、スピーカーはDALI「Helicon400MK2」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は4/21に発売されたばかりの栗林みな実さんのNewアルバム「mind touch」から「あんりある♥パラダイス」を。
この曲はアニメ「けんぷファー」のOPに使われた曲ですが、2曲目にはその作品で共演していたゆかりんとほっちゃんのデュオ「やまとなでしこ」の曲から「恋の天使 舞い降りて」を。
最近だとお二人は現在放映中のアニメ「B型H系」でも共演されてますねw
「やまなこ」はもう復活してくれないんですかね~~
アニメロサマーライブとかで一夜限りの復活とかしてくれんだろうか?
新曲を出して未収録の曲も収録したアルバムを出してくれれば買うんですけどね~~



栗林さんのアルバムとしては初めての紙スリーブケース入りですねw
中のジャケットには栗の子マークもww

栗林みな実さん 「あんりある♥パラダイス」(アニメ:けんぷファーOP より)
やまとなでしこ「恋の天使 舞い降りて」 


1曲目は 「あんりある♥パラダイス」を再生。

非常にタイトに引き締まった音色です。
このアルバムに収録された曲の音自体が輪郭にエンハンサーをかけたようなクッキリした物だというのを差し引いた上でも音が硬め。
その分、一音一音の歯切れは非常に良いです。
押し出しもよく、強い押し出しが楽しめます。
ヴォーカルは音がきつくなる一歩手前。声の張り出しは強めに出ます。

しかし今回のこのアルバムの音質も…
いや、敢えて言うまい。
ただハッキリ言えるのは以前試聴に使った「earth trip」という曲がこのアルバムにも収録されてますが、シングル版よりもアルバム版の方が明らかに音質が劣ります。

2曲目の 「恋の天使 舞い降りて」にチェンジ。

出だしのチリチリとした音が耳につきます。
横への音の広がりもありますが、その広がりが面で前に押し出してくるような強さがあります。
途中に入っているベルの音も甲高い印象です。
ヴォーカルのエコーが強めの曲ですが、それがクッキリと分かりやすく表現されます。


【まとめ】

どちらかというとややおっとりした傾向のスピーカー「Helicon400MK2」をここまでキビキビ鳴らすとは。
どんだけドSなアンプなんでしょうか(笑

音はやや高音より。
広がりと奥行きもそれほど感じませんが、それよりも音像を前へ前へと押し出してくる力を感じます。
迫力のあるクールでタイトな音色です。

それにしても、私がいつもGOLDMUNDのアンプに感じているタイムアライメントの良さはこのアンプからも感じられました。
他のアンプでは低音と高音で耳への到達時間のズレを感じる事もあるのですが、GOLDMUNDのアンプにはそれを感じません。

ゆったりとした音を楽しみたい方にはまったく向かないですね。


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[4回]


Wadia WADIA-861VRDS-VUを聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
本日は店内にあった中古品からWadiaのCDプレーヤー「WADIA-861VRDS-VU」を聴いてみました。

 

2000年発売開始
メーカー:Wadia(アメリカ)
メーカー希望価格:1,459,500円(税込)

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、スピーカーはDALI「Helicon800MK2」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は釘宮理恵(ルイズ)さんの「ダメ!~オトメゴコロ炎上」を。
2曲目はプラチナ・ジャズ~アニメ・スタンダード Vol.1から の「光の天使」を。
「光の天使」は1983年に公開された角川アニメ「幻魔大戦」の主題歌です。
リアルタイムで聴いている世代なので何とも言えない感があります(笑
ジャズアレンジされてもあまり違和感を感じませんね。



釘宮理恵(ルイズ)さん 「ダメ!~オトメゴコロ炎上」 (アニメ:ゼロの使い魔 より)
「光の天使」(アルバム:プラチナ・ジャズ~アニメ・スタンダード Vol.1 より) 


1曲目は 「ダメ!~オトメゴコロ炎上」を再生。

聴いていてすぐに分かるのは音のブレがほとんど感じられないこと。
定位が恐ろしく良く、ボーカルはど真ん中にビシッ!と固定されたままフラフラするような所がありません。
なんというか音がビシビシ決まるんですよね。
ヴォーカルは至極自然なニュアンスです。硬くもなく、柔らかくもなく、とても実在感が良いです。
仮に目の前に釘宮さんがいて、歌ってもらってもこういう風に聴こえるのではないか?と錯覚するような生々しさがあります。
レンジが狭い曲ですが、その狭さが窮屈な印象がなく自然に聴かせます。


2曲目の 「光の天使」にチェンジ。

最初のヴァイオリンの音が空間に響きわたりますが、細部の小さな音まで定位が良いので録音された場所の空間の広さが目の前に見えるようです。
40秒あたりで聴こえるトロンボーンの音は口から吐き出された呼気がトロンボーンの中で響き、それが押し出されてくるのが見えるような太さが見てとれます。前へ、上へ、下へと広がる音の伸びが自然な響きとなって聴こえます。
ヴォーカルはややオンな録音のようで口がやや大きめですが、それがとても自然な生々しさですぅ~と伸びてきます。
ピアノのアタックの音も輪郭を強調することなく、音の消え際のニュアンスがとてもよく再現されます。



【まとめ】

なんというか今日は「正直参りました」って感じです。
おかしい、何でこんな音が出るねん!!と(苦笑
CDでもここまでも音が出るのかと。

変な輪郭の誇張が一切感じられないので、一聴するとあっさり聴こえてしまうのですが、ふと気づくとその深遠な世界にずっぽりと頭まで漬からされているような気がしてきます。

一言でいうと「自然な凄さ」とでも申せばよいのでしょうか?

どこかを強調する訳でもなく、かといって無色透明なつまらない音という訳でもなく。
ただただひたすらにCDに入っている情報をとことんまで出すだけなのかと。


おいそれと買えるような金額のCDプレーヤーではありませんが、この価格に説得力のあるCDプレーヤーです。
う~ん、自宅でも使ってみたいなぁ…(苦笑



店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[3回]


FOSTEX GX103を聴いてみた

セカンドハンズ新宿店の今井です。
前回から間が空いてしまってすいませんでした。
本日は店内にあった中古品からFOSTEXのスピーカー「GX103」を聴いてみました。

  

2009年発売開始
メーカー:FOSTEX(日本)
メーカー希望価格:262,500円(1ペア・税込)

プリメインアンプはAccuphase「E-560」、CDプレーヤーはAccuphase「DP-500」の組み合わせで試聴しました。

【試聴楽曲】

今日の1曲目は茅原実里(長門有希)さんの「雪、無音、窓辺にて。」を。
実はこの前の試聴会でかけようと思っていたのに忘れてしまった1曲デス(汗
2曲目はFictionJunction YUUKAの「暁の車」を。



茅原実里(長門有希)さん 「雪、無音、窓辺にて。」 (アニメ:涼宮ハルヒの憂鬱 キャラクターソングより)
FictionJunction YUUKA 「暁の車」(アニメ:機動戦士ガンダムSEED 挿入歌より) 


1曲目は 「雪、無音、窓辺にて。」を再生。

見た目の大きさ以上に低音が素直によく出ていますので、出だしの下から上に駆け上がっていくような音作りが上手く再現されます。
ヴォーカルは非常に優しい表現となります。
ここが文章で上手く伝わらない表現なのかもしれませんが、「音の輪郭が甘い」とか「音の輪郭が柔らかい」といったのではなく、「音の輪郭が優しく」聴こえるのです。

間奏でのヴァイオリンの音も上への伸びは無いものの、胴鳴りなどは良く感じ取れます。
間奏中に入る茅原さんのセリフがスピーカーの間のやや奥目にポッと浮かんで非常に良いです。
正直、上下方向への音の伸びがあまりないレンジがとても狭い録音の曲ですが、意外と上手く聴かせてしまう魅力がこのスピーカーにはあります。


2曲目の 「暁の車」にチェンジ。

こちらの曲でも出だしのアコースティックギターの弦の響きが優しく響きます。
優しいのですが、音の弾け方や解像度の高さなどはしっかりと聴けます。
高音域は透明感が高いですが、情報量も非常に良く出ていますので薄いという印象はありません。
南里さんのヴォーカルは非常に素直にスッと前に出てきます。
それぞれの楽器の一音一音に立体感があります。
横への音の広がり、奥行き方向の深みの表現も良い印象です。

【まとめ】

トータルバランスが非常に高い次元で安定している良いモデルですね~
同じ口径のスピーカーユニットを多数使ったトールボーイタイプのスピーカーなどですと、それぞれのユニットのクロスオーバー付近で妙なギャップが出るモデルが少なくないのですが、このモデルではそういう所がありません。

あえて難点を挙げるとするとモニター調の音でややそっけない表現なのと、この価格にしては表面の塗装の仕上げがもう一つな点でしょうか。
ただ音色の方に関しては併せる機器でバランスを取ったり、スピーカーケーブルなどの吟味で追い込めるかと存じます。

音のサービスエリアも広く、定位も良いのでAVでのサラウンド再生用としても向いていると思います。
ただサラウンド用としてはもう少し音の輪郭が硬めでもいいかな?
横幅は約23cmしかないので今時の薄型TVのサイドにはとても設置しやすいと思います。


自分でも購入したくなった、というかガチで今の自宅のスピーカーの買換え候補の筆頭になったモデルですw
ま、スピーカーの前に貧弱すぎるアンプの買換えの方が先決すべき課題なんですが…(汗


店頭でアニソン試聴が出来るオーディオショップ「セカンドハンズ新宿店」のご案内はこちらから!
通販はこちらから!!⇒セカンドハンズ通販センター

拍手[0回]


聴いてみた 番外編

今日は趣向を変えてこの前のイベント「アニソンdeないと ぷち」で使用した機器の様子を紹介したいと思います。

【プランA】

プリメインアンプ TEAC AG-H600
CDプレーヤー TEAC PD-H600
スピーカー  ASW OPUS/M06



このシステムでは

ROCKY CHACK「リトルグッバイ」(ゼーガペイン より)
栗林みな実さん「earth trip」(グランディア オンライン より)
南里侑香さん「月導-Tsukishirube-」(おおかみかくし より)

の3曲を聴きました。

背の高さが27cmでウーファーの口径が10cmという小型スピーカーなので試聴室の広さに対してはチョット厳しい条件だったのですが、意外と音痩せしないで聴けた気がします。
OPUS/M06はどちらかというと音場型のスピーカーですね。
高音域も欲張って出すような事はせず、バランスは良いと感じました。
中音域に「ギュッ」とエネルギーの強さを感じます。

【プランB】

プリメインアンプ TEAC AG-H600
CDプレーヤー TEAC PD-H600
スピーカー  KEF IQ30



このシステムでは

南里侑香さん「月導-Tsukishirube-」(おおかみかくし より)
「ハレ晴レユカイ」(プラチナ・ジャズ アニメ・スタンダードVol.1 より)
堀江由衣さん「suger sweet nightmare」(化物語 つばさキャット より)
いとうかなこさん「Liberty」 (アルバム:STARGATE より)
初音ミク 「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」 (アルバム:初音ミク ベスト~impacts~ より)

以上5曲を聴きました。
こちらはOPUS/M06と違って音像型。
高音域の素直な伸びが楽しめました。
筐体も大きくなっていますので低音域も豊かさが増してます。

この日、会場にいらっしゃった皆様の度肝を抜いたのは何と「みくみくにしてあげる♪【してやんよ】」でした。
サビの部分の「油断をしてあげて~~」の「てぇ~~」のミクの声の伸びが物凄く良くて会場中から「ミクすげぇw」「ミク人間になったw」などの驚きの声が上がっておりましたwww
実際、このシステムとの相性がすっごく良かったんですよ。

プラチナ・ジャズ~から掛けた「ハレ晴レユカイ」もすごく良かったですね。
ピアノの音が硬すぎず軟らかすぎず非常にバランスよく響き渡りました。
低音域の方も音が団子状に固まることなく歯切れがよく聴こえました。
IQ30は比較的鳴らしやすいスピーカーではありますが、それでもパワーリニアリティの悪いアンプで鳴らすと低音域から中音域にかけて音がもたつく事があります。
このTEACのAG-H600で鳴らすと低音から高音域まで非常に癖の無い、レンジ感の広々とした抜けの良い音が聴けました。

あ、「プラチナ・ジャズ アニメ・スタンダードVol.1」は音質も良いのでオススメですよ~~www




予定していたスピーカーは本来上記の2つだけだったのですが、岩井さんの要望で急遽TANNOYのAutograph miniでの試聴も行いました。



高さ34.5cmの小型スピーカーとはいえ、メーカー希望価格315,000円の物をこのシステムで鳴らすのはどうか?と音が出るまでは思っていたのですが、杞憂に終わりました。
結果から言うとこれも相性が良かったのですよ。

Autograph miniは音場型のスピーカーですね。
箱の鳴りを積極的に活かしてあり、サイズを超えたスケール感を生み出します。
このシステムでは岩井さんがお持ちになった音源を再生したのですが、その曲に入っているドラムの大きさと奥行きのある音に会場内の全員が驚きでした。
アコースティックギターの響きももの凄く生々しく空間に響き渡ります。

まあ相性が良かったというよりはAG-H600とPD-H600の組み合わせのシステムから出る音が非常に癖が少なく、情報量が多いのでスピーカーとの相性はあまり考えなくて良い気がします。


通販はこちらから!! ⇒ TEAC早春キャンペーン!!

拍手[1回]


disk union アニソン部♪ブログとは?

音楽の専門ショップ disk unionならではのアニメ・ゲーム・特撮関連のCD/Blu-ray/DVD/オーディオなどの情報をお送りするブログです!!

オーディオユニオン アニソン部ツィッターです♪

オーディオユニオン吉祥寺店ツィッターです♪

ブログ内検索です♪

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

コメントありがとうございます♪

[02/19 顔面ブるーん★<(・ω・;;;]
[07/10 Yonechi]
[04/29 けいしろう]
[12/17 俺の名前を入れてくらさい]
[11/09 顔面ブるーん★<(・ω・;;;]
[10/14 通りすがり。]
[09/23 h2]
[03/16 Yonechi]
[01/21 Yonechi]
[01/21 Yonechi]

QRコードです♪

このブログは携帯からもご覧いただけます!!

トラックバックありがとうございます♪

disk union グループ♪

ディスクユニオン
ディスクユニオン・オンラインショップ
ディスクユニオン買取 CD・Blu-ray・DVD・レコードお売りください!! 
CD・Blu-ray・DVD・レコードお売りください!!
アクセサリーは専門ショップにおまかせ下さい!!
アクセサリーは専門ショップにおまかせ下さい!!
オーディオユニオン各店の情報はコチラ!!
オーディオユニオン各店の情報はコチラ!!

オススメイベント♪


次回開催予定

アニソン部♪オススメCD/レコード通販♪

オーディオユニオン吉祥寺店の店頭でもお買い求めいただけます!!
※画像クリックで通販ページに飛びます。


11/8発売
限定生産アナログ盤『Pure -AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS-』

4/26発売 限定生産アナログ盤『Pure3 Feel Classics ~Naoya Shimokawa~』


4/26発売 SACD/CDハイブリッド盤『Pure3 Feel Classics ~Naoya Shimokawa~』

残りわずか!! 限定生産アナログ盤『うたわれるもの 偽りの仮面&二人の白皇 歌集』

Pure2 -Ultimate Cool Japan Jazz-

Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS

Suara/声(初回限定盤)

伊福部昭/大魔神 オリジナル・サウンドトラック

佐橋俊彦/ウルトラマンパワード オリジナル・サウンドトラック


上坂すみれ 七つの海よりキミの海 c/w 我旗の元へと集いたまえ(アナログ)

上坂すみれ 来たれ!暁の同志 c/w TRAUMAよ未来を開け!!(アナログ)

上坂すみれ 閻魔大王に訊いてごらん c/w 冥界通信~慕情編~(アナログ)

上坂すみれ Inner Urge c/w ツワモノドモガ ユメノアト(アナログ)

女王陛下のプティアンジェ 音楽集 Her Majesty's Music Collection

ジャングル黒べえ オリジナル・サウンドトラック 音楽の常識! / 三沢郷

カレイドスター 究極の すごい サントラ / 窪田ミナ

おにいさまへ… オリジナル・サウンドトラック / 羽田健太郎
劇場版 エースをねらえ! 総音楽集
劇場版 エースをねらえ! 総音楽集

新・エースをねらえ! / 馬飼野康二

新・エースをねらえ!音楽集

渡辺宙明コレクション CHUMEI RARE TREASURES 1957-2015

渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子

最強ロボ ダイオージャ 総音楽集 / 渡辺宙明

ザ・カラテ トリロジー サウンドトラック・コレクション

渡辺宙明コレクション 五番目の刑事

忍者部隊月光 音楽作戦Vol.1 / 渡辺宙明

忍者部隊月光 音楽作戦Vol.2 / 渡辺宙明

劇場版 忍者部隊月光 オリジナル・サウンドトラック / 渡辺宙明

渡辺宙明コレクション オレとシャム猫/新 忍者部隊月光

アニソン・ザ・パンク/ストロボサイダー

岩男潤子/voice


プラチナ・ジャズ~アニメ・スタンダード Vol.4
SF映画の世界 PART 2
SF映画の世界 PART 2
SF映画の世界 PART 3
SF映画の世界 PART 3

お得なキャンペーンのお知らせ♪


新製品 LUXMAN DA-150下取交換特集!!



売れてます♪

※画像クリックで通販ページに飛びます。

モニターヘッドホン
SONY MDR-CD900ST
Copyright ©  -- disk union アニソン部♪ブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by /